2015/04/12

EC Technology® Bluetooth3.0 折りたたみ式ワイヤレスキーボード 【届きました】


Bluetooth折りたたみ式キーボード「hb066」 【国内でも販売開始!】」でご紹介した
折りたたみ式ワイヤレスキーボードが届きました。
開封から使用感までをレビューしていきます。














【レビュー】
外側面の色はシルバーに見えますが、実際はグレーです。重さは185g
海外製の類似品には、キーボードカバー兼スタンドが付属していますがこちらの商品には付属はありません。(上記写真の通りです)海外製品独特の臭いについても一切ありません。

電源スイッチは無く、左右を開くことによって電源が入る仕組みとなっています。
開閉する際も、ひっかかり等も無く非常にスムーズに開閉できます。
また、折りたたんだ状態で逆さにしても開くことはありませんし、開いた状態の場合で逆さにしても閉じることはありません。
ペアリングについても問題無く対応している全てのOSで簡単に設定することができました。
各OSの切り替えについてもFnキーで簡単に切り替えることが可能です。

iLepo360 Flyshark」と比較した場合
・キー数も多くなっているので、当たり前ですがその分大きくなっています。
・キーの大きさが若干小さくはありますが問題無く入力することが可能です。
・キーの押し心地についても大差無く良好。
・キー数も多くなっているのでFnキーを使用することなくスムーズに入力することが可能です。
・Fnキーで各OS(Windows、iOS、Android)の切り替えが簡単。
・重さは約60g程重くなります。

【まとめ】
非常に安価(3,999円)だが、非常にしっかりとした作りをしているキーボードです。
各OSへの切り替えがFnキーで簡単に行えるので、多種多用なタブレット等を使い分けている方や外出先でキーボードを多用する方には非常にオススメなキーボードだと思います。
正直、商品の作りの良さ、価格等を加味しても「かなり買い」の商品だとオススメできます!

【注意】
※ThinkPad8を使用している方は、前にも解説しましたが「日本語」「USキーボード」の切り替えを行わないと一部キーについてキー通り入力できないものがあります。

Amazon.co.jpの在庫数もかなり減ってきていますので、購入できる今がチャンスだと思います。
(輸入商品だと思うので一度在庫切れになると入荷まで非常に時間がかかる場合がある為)
【追記】2015年4月16日現在、在庫切れとなりました。 
【追記】2015年5月2日、再販となりました。


0 件のコメント:

コメントを投稿