2015/04/25

ThinkPad 8 【動作検証⑥:BIOS 編】 UEFI BIOS


Lenovo ThinkPad8の動作検証を行っていきます。
今回は「BIOS 編」を紹介したいと思います。
ThinkPad8のBIOS起動は、Lenovoから発売されているデスクトップ、ノートPC等とは違う方法で起動することになります。



ThinkPad8のBIOS起動方法は下記の通りとなります。

1、Windows8.1上から起動をする方法
2、ボリュームの「+」を押しながら「電源ボタン」を押して起動する方法

「2、」については解説の必要は無いと思いますので省略させていただきます。
今回は「1、」からBIOS起動方法について解説していきたいと思います。

【Windows8.1上からBIOS起動をする方法】 

1、タブレット右側からチャームを呼び出して「設定」を選択する。
2、「PC設定の変更」を選択する。
3、「保守と管理」を選択する。
4、 「回復」を選択し、PCの起動をカスタマイズするから「今すぐ再起動する」を選択する。

5、再起動が完了したら、「トラブルシューティング」を選択する。

6、「詳細オプション」を選択する。

7、「UEFIファームウェアの設定」を選択する。

8、BIOSが起動します。
上記のようなメインメニューが表示されます。

全て英語表記となっていますが、グーグル翻訳等を使用すれば簡単に意味がわかります。
自身で設定が必要な項目を変更し、最後に保存をする必要があります。

ThinkPad8購入時から「Lenovo System Update」を実行されていない方は、ドライバーやBIOSのバージョンも変わっていますので、必ず実行しておきましょう。
※最新BIOSでは設定項目が増えています。

【追記】2015年6月2日
Thinkpad8のほかの動作検証については、こちらにも書いています。
参考にしてみてください。


0 件のコメント:

コメントを投稿