2015/08/18

REVO K101 Plus 【使い方】


REVO K101 Plus」の詳しい使い方についてレビューをしていきます。
どのようなメニュー画面表示があるか等を見ていきます。



【基本操作】
電源を投入後の「ローディング画面」が終わると初めに表示される「一覧」です。


LRボタンや、XYボタンを押下することによって、画面上部のメニューを切り替えることが可能です。
下記画面は「オプション」です。
※オプションの変更を行った場合には「設定の保存」を忘れずに行いましょう。


下記画面は「ヘルプ」です。
「HotKey」の解説、対応している拡張子、ゲーム機本体情報が記載されています。
※「Hotkey」の「」は本体上部の「明るさ調整ボタン」を意味しています。




「オプション」画面の、フィルタリングをしようすることによって、本体画面で表示させる拡張子を
選択することが可能となっています。
ON」=表示させる。
OFF」=表示させない。

【チート、サムネイル表示方法について】

<導入方法>
1) MicroSDカードの直下に「Ksystem」という名前のフォルダを作成します。
2) Cheat DatabaseをDLして解凍する。(チート設定ファイル)
3) Game Pic collectionをDLして解凍する。(サムネイル画像ファイル)
4) 上記(2,3)で解凍したフォルダの中身を上記(1)のフォルダに入れる。
※Cheat Database、Game Pic collectionのミラー(リンク先

<チート実行方法、サムネイル表示について>
1) 本体を起動させて、チートを実行したいROMを起動させる。
2) ゲームが実行されたら「Hotkey(*+L)」を押下する。
3) メニュー画面から「ゴールドフィンガー」を選択して、各種項目を選択

「REVO K101 Plus」では、単純にチートファイル(.CHT)をMicroSDカードに保存しても使えません。
なので、上記方法でしかチートを使用することはできません。
サムネイル表示については「ゲームボーイアドバンスソフト」のみに対応となっています。

POINT:上記の設定方法で「Ksystem」フォルダをMicroSDカードに保存させると、本体起動後の「一覧」でフォルダが表示されてしまいます。
この表示をしたくない場合には「Ksystem」フォルダを「隠しファイル」に設定にしてください。
※設定方法:「Ksystem」フォルダを右クリック→「プロパティ」→「隠しファイル」にチェック→「適用」です。

【起動画面と、起動後壁紙の変更方法】
画像ファイルは サイズ:320×240画像拡張子:.jpg で用意します。
※それ以外のサイズ等で保存すると起動後にフリーズします。
  • 起動画面ファイル名: userlogo.jpg
  • 起動後壁紙ファイル名: bg.jpg
作成した.jpgファイルをMicroSDカード直下に保存すれば完了となります。
サンプルを作成してみました。(リンク先


0 件のコメント:

コメントを投稿