2016/03/07

Kazzo cartridge "INL Retro" Dumper-Programmer 【ダンパー】

Kazzo cartridge "INL Retro" Dumper-Programmer
フラッシュメモリーカートリッジの吸出し、書き込みに対応しているkazzo仕様のダンパーです。これ一つでNESダンパー、FCダンパー、SNESダンパー(制限あり)の役割をしてくれます。古いゲームカートリッジのバックアップに最適なツールです。



販売価格により搭載カートリッジコネクタが異なる


  • 単体カートリッジ版 : $20
  • 2種類カートリッジ版 : $25
  • 3種類カートリッジ対応版 : $30
※NES(海外ファミコンソフト)、Famicom(ファミコンソフト)、SNES(スーパーファミコンソフト)

比較的安価なダンパー


3種類(NES、ファミコン、スーパーファミコン)カートリッジ対応版を注文した場合でも・・・価格$30、送料(日本へ発送)$12で、$42で購入可能となっており非常に安価です。(国内通販サイトの場合、FCダンパーのみでも約7,000円程度で販売されています)
※支払いもPayPal対応なので問題があった際にも安心です。

導入方法


公式サイトの「software/firmware package: download」を選択。
Ⅰ.ドライバー、ソフトウェアをダウンロードし、解凍します。
Ⅱ.本体基板のスイッチを「RUN」に設定します。(スイッチはUSB差込口の横)
Ⅲ.本体基板とパソコンをUSB接続します。
Ⅳ.「Ⅰ」で解凍したフォルダ内の「inj-wizard.exe」を実行。(/kazzo/libusb-drivers/binフォルダ)
Ⅴ.画面を進めていきDecice Selectionで、「kazzo」を選択する。
Ⅵ.Install nowボタンを押下し「Done」完了させる。

使用方法


Ⅰ.【導入方法】のⅠで解凍したフォルダ内の「anago_wx.exe」を実行します。
(\kazzo\kazzo original\unagi_client_windows_062_GUI\anagoフォルダ)
Ⅱ.本体基板のスイッチを「RUN」に設定します。(スイッチはUSB差込口の横)
Ⅲ.本体基板とパソコンをUSB接続します。
Ⅳ.起動画面で「dumpタグ」を選択し、カートリッジタイプに合わせ「script」、保存場所「ROM Image」を決定し、「dump」ボタンを押下します。
Ⅴ.しばらくすると吸出しが始まり完了します。
Ⅵ.吸い出したROMイメージをエミュレータで動作確認します。

注意事項


SNESダンパー機能の吸出し機能については、現在のファームウェア・ソフトウェアバージョンでは行うことができません。将来的にサポートをする予定となっていますが、保証をするというものではないようです。残念ながら、現段階では「SNES Hi/Lo-ROM reproduction flash boards」をサポートする機能目的として提供しているようです。

※詳しくは公式サイト・マニュアルをご確認ください(リンク先


レトロフリーク (レトロゲーム互換機) (コントローラーアダプターセット)
サイバーガジェット (2015-10-31)
売り上げランキング: 589

3 件のコメント:

  1. こちらのサイトを見て通販で買ってみたのですが、説明書が無く吸い出し方がわかりません、デバイスはinl rero-progと表示されます。スーファミの吸い出し方をご指摘くださいお願いします。

    返信削除
    返信
    1. 通りすがりの者ですが、私もこの製品を使用しています。
      スーファミの吸い出しについてですが、
      INL Retroの公式サイトを読む限りでは、スーファミ(SNES)の端子はあくまで『SNES Hi/Lo-ROM reproduction flash boards』というボードを取り扱う為に設計されており、現状のファームウェア/ソフトウェアでは、市販のスーファミカセットの吸い出しには対応していないと書かれています。

      削除
    2. コメントありがとうございます。
      今後のファームウェア/ソフトウェアで吸出し機能についてはサポートを考えているようですが、保証はできない旨の文章を確認できました。
      問い合わせが多かったために赤字・太字で記載が追記されたものだと考えられます。ご指摘いただきありがとうございました。

      削除