2016/09/05

8bitゲームマシン・コンピューター 「PocketC.H.I.P.」 3Dシューティングゲーム「Descent」 設定・起動方法

8bitゲームマシン・コンピューター「PocketC.H.I.P.
公式ブログで「PocketC.H.I.P.」で3Dシューティングゲーム「Descent」の設定・起動方法が公開されています。DOSBOXからも起動可能となっていますが、そのままでは快適に遊ぶことが難しいゲームです。早速、作業工程をかんたん翻訳して解説していきたいと思います。

「PocketC.H.I.P.」で「Descent」をはじめます。
フォーラムユーザーであるAkidanは、1990年代の古いスペース・シューターを実行する方法についてを記事にしました。「PocketC.H.I.P.」上で実行するためには「Descent」のソースコードを再コンパイルすることを含んでいます。それを試してみようと思います。

1995年リリース時に「Descent」は、本当にエキサイティングなで画期的なゲームでした。このゲームはとても人気な3Dゲームの初期タイトルの一つでした。そして、3Dでありながらエキサイティングな要素としては、操作する宇宙船が6方向へ移動できたということでした。
自由に宇宙船を操作できるので、ゲーム内のトンネル迷路を夢中になって操作していくうちに方向感覚を失うこともありましたが、多くの人はそれすらも楽しんでいたと確信しています。

6方向について(Wikipedia)

SpaceOrb 360」と、「Descent」を見つけて引っ張り出しましょう。(中古販売業者から購入することもできます)「PocketC.H.I.P.」上で「Descent」を実行する方法を見ていきましょう。

《重要》
操作手順を行う途中でパスワードや、Y/Nの選択肢がターミナル上で表示される場合があります。
パスワードを求められた場合には「chip」(初期状態の場合)、Y/Nの選択肢がでた場合には「y」と入力して「Enter」キーを押しましょう。
※指示がない限り、入力するコマンドは改行をする必要はありません。



1.必要なパッケージをインストールします。
「PocketC.H.I.P.」のパッケージリストを更新・インストールを実行します。
sudo apt update && sudo apt install build-essential scons pkg-config libsdl1.2-dev libsdl-mixer1.2-dev libphysfs-dev libfluidsynth-dev



2.コードをダウンロードします。
ディレクトリを「/home/chip」に移動します。
cd

「Descent」ソースコードをダウンロードするのに「wget」コマンドを使用します。
wget http://www.dxx-rebirth.com/download/dxx/d1x-rebirth_v0.58.1-src.tar.gz

ダウンロードしたtar.gzipファイルを解凍します。
tar xf d1x-rebirth_v0.58.1-src.tar.gz



3.ソースコードにパッチを当てます。
--- arch/sdl/gr.c.orig    2016-07-03 18:36:10.000000000 +0000
+++ arch/sdl/gr.c    2016-07-03 18:36:43.000000000 +0000
@@ -107,9 +107,9 @@
     }
     else
     {
-        con_printf(CON_URGENT,"Cannot set %ix%i. Fallback to 640x480\n",w,h);
-        w=640;
-        h=480;
+        con_printf(CON_URGENT,"Cannot set %ix%i. Fallback to 480x272\n",w,h);
+        w=480;
+        h=272;
         Game_screen_mode=mode=SM(w,h);
         screen=SDL_SetVideoMode(w, h, GameArg.DbgBpp, sdl_video_flags);
     }
注意:上記ソースコードはターミナルで入力する必要はありません。

「Descent」の最小解像度は640×480なので、ソースコードにパッチを適用し「PocketC.H.I.P.」に合った解像度480×272に変更する必要があります。

これらのコードを簡単に有効にするにはパッチを適用させることです。
最初に「wget」コマンドを使用して、上記のコードをダウンロードし、ソースコードに変更を加えるためのパッチユーティリティを使用します。

ディレクトリを変更します。
cd d1x-rebirth_v0.58.1-src

パッチをダウンロードして「pocketchip.patch」という名前で保存します。
wget -O pocketchip.patch http://pastebin.com/raw/96ceLhVt.

パッチユーティリティを使用して、パッチを適用します。
patch -p0 < pocketchip.patch

注:patchコマンドを使用してエラーが発生した場合、作業ディレクトリが「home/chip/d1x-rebirth_v0.58.1-src」であることを確認してください。



4.「Descent」をコンパイルします。
次のコマンドを入力し「Descent」をコンパイルします。
scons opengl=0 opengles=0

注:このプロジェクトをテストする前、私はSConsに不慣れでした。
基本的にはmakeユーティリティを強化したものです。



5.ゲームアセットをコピーします。
残念ながら「Descent」はシェアウェアですが、シェアウェア版のゲームは開始した直後にゲームはクラッシュします。

「Descent」を持っていない場合、販売しているオンラインショップがたくさんあります。購入して入手したらCD-ROMの「Descent」ディレクトリをUSBフラッシュドライブにコピーして「PocketC.H.I.P.」に接続します。

「.d1x-rebirth」ディレクトリを作成します。
ディレクトリの名前は正確に入力してください。(ピリオド「.」を忘れずに)
mkdir ~/.d1x-rebirth

あなたがSCPを使用している場合には、あなたのパソコン上からCDROMディレクトリを下記に変更した後にコマンドを入力します。
あなたの「PocketC.H.I.P.」のIPアドレスに直してください。
IPアドレスの確認は「ip addr show wlan0」とターミナルで入力することで確認できます。
scp ./* chip@IP_ADDRESS:~/.d1x-rebirth

USBフラッシュドライブを使用している場合は、「PocketC.H.I.P.」の「~/d1x-rebirth」にコピーをしてください。

注:Linux、OSXユーザーは、SSHとSCPがプリインストールされていますが、Windowsユーザーは両方のプログラムをインストールする必要があります。Puttyはオススメで、無料で試すことができます。



6.「Descent」を実行します。
cd ~/d1x-rebirth_v0.58.1-src

./d1x-rebirth

Tips:「Descent」でスクリーンショットを撮るのは少し変わっています。
CTRL+TABキーを押しても切り替えることができません。

しかし、この問題を回避することができます。
SSHで単に「export DISPLAY=:0」と入力し、次のコマンド「xfce4-screenshooter」を入力し、組み込みのスクリーンショットアプリケーションを実行します。



7.次にやるべきこと:IPXネットワーク設定
「Descent」のマルチプレイを取得することができませんでした。
現在発売されているゲームと「Descent」は異なり、IPXネットワークを使用しています。その方法は現在では見かけないケースです。IPXを動作させるにはLinuxカーネルを変更する必要があります。

もし、IPXネットワークで動作する方法を見つけ出したら場合にはお知らせください!

翻訳元記事:Begin your Descent into PocketC.H.I.P. - Blog. by Next Thing



・3Dシューティングゲーム「Descent」プレイ動画



8bitゲームマシン・コンピューター 「PocketC.H.I.P.」で3Dシューティングゲーム「Descent」の設定・起動方法は以上になります。
本記事にも記載はありますが「Descent」はシェアウェアなので、遊ぶためには別途購入して用意する必要があります。(リニューアルされた「Descent: Underground」がSteamで公開されています)

3Dシューティングゲーム「Descent」は、DOSBOXからも起動可能となっていますが、そのままでは快適に遊ぶことが難しいゲームです。解説した手順で設定・起動を行うことでゲームが遊べる状態となるようです。

「PocketC.H.I.P.」の内部ストレージ容量は4GBほどしかありませんので、多くのゲームを遊ぶ場合には推奨されているUSBフラッシュドライブを用意する必要があります。
現在では小型のタイプも発売となっているので「PocketC.H.I.P.」本体に装着しても目立つことはないと思います。

先に解説している「8bitゲームマシン・コンピューター 「PocketC.H.I.P.」 カスタマイズ導入・DOOMインストール&アイコン追加」を参考にして、ホーム画面にアイコンを追加することもできます。

これからも公式フォーラムで公開された情報をもとに少しずつ理解して情報発信をしていきます。
本記事は、基本的に公式フォーラム・ブログで発表された内容を元にかんたん翻訳をしていますが、理解がしやすいように一部編集・追記がされています。

その他にも公式ブログ・フォーラムで公開された情報についても、解説を行っています。
興味のある方は「PocketC.H.I.P.」 目次 【まとめ記事】を参照ください。



SANDISK USB3.0フラッシュ 64GB SDCZ43-064G-G46 (ULTRA Fit)
SanDisk
売り上げランキング: 594


0 件のコメント:

コメントを投稿