2016/12/30

GPD WIN これは面白い!動画対応 壁紙ソフトウェア 「Wallpaper Engine」を導入!

GPD WIN」に動画対応の壁紙ソフトウェアを導入!
壁紙に動画を設定したらバッテリー消費や、GPD WINへ負担が増えるのではないかという心配もありますが、負担が比較的少ないソフトウェアということと、スペック的にGPD WINでも十分に動作させることが可能となっています。それでは、動画対応の壁紙ソフトウェア「Wallpaper Engine」を見ていきたいと思います!



Wallpaper Engine どんなソフトウェアなの?
Wallpaper Engineは、デスクトップの壁紙を自分好みの動画に変更できるソフトウェアです。求められているスペックも低く、比較的負担も少ないソフトウェアなのでGPD WINでも十分動作させることが可能です。
  • 自分好みの動画、Unity、Web、アプリケーションを表示させることができます。 
  • 様々なアスペクト比、解像度をサポートしています。
  • マルチモニタ環境をサポートしています。
  • Steamワークショップで公開されている動画を使用することができます。
  • お使いのマシンスペックに合わせた細かな設定が用意されています。
  • ゲーム中に壁紙を一時停止させることが可能です。
  • ビデオフォーマット:mp4、WebM(Workshop); mp4、WebM、avi、m4v、mov、wmv(ローカルファイル)をサポートしています。

Wallpaper Engine ワークショップのオススメ
Steamワークショップでは、数多くのWallpaper Engineで使用可能な動画壁紙が公開されています。導入も緑色の「+サブスクライブ」ボタンを押すだけと簡単です!その中でもランキングが高く、オススメできるものを紹介していきたいと思います。

Reimu 灵梦(1080P 60FPS)重置版
Steamワークショップで一番人気の動画壁紙です。GPD WINで使用する場合には少し負担が高いためか本体がほんのり温かくなります。空から降り落ちていく雨が広がっていく様子が幻想的です。

Elementalist Lux
属性の違う3人のエレメンタリストが順に切り替わっていきます。ファンタジー好きな方には良いかもしれませんね。GPD WINで使用する場合にはこちらも本体がほんのり温かくなります。音楽は設定でON/OFF可能です。

StarCitizen-area18
ゲーム「Star Citizen」の近未来都市の一部を動画壁紙にした作品。GPD WINで使用する場合でも負担が軽く愛用できる動画壁紙だと考えられます。

Rain drops (heavy rain)
Rain dropsの壁紙は雨の種類によって色々な種類が用意されています。個人的にはheavy rainをオススメしたいです。マウスを動かすと、その方向へガラス越しの背景が少し動くのも良い感じです。

Deep space 3
Deep spaceは宇宙空間をモデルにした動画壁紙です。GPD WINで使用する場合でも負担がかなり低いのでオススメです。実用使いにも良いと思います。

Wallpaper Engineの導入は簡単!


Wallpaper Engineの導入はとても簡単です。初期導入のままであっても問題なく動作できるので迷うことはないでしょう。また、設定も日本語対応しているので簡単に行うことができます!
Steamでの販売価格「Wallpaper Engine」:400円と非常にリーズナブルです。
様々なアスペクト比、解像度、マルチモニタ環境、ビデオフォーマット:mp4、WebM(Workshop); mp4、WebM、avi、m4v、mov、wmv(ローカルファイル)をサポートいるのも特徴です。
サブスクライブボタンで、ダウンロード・導入した動画壁紙はBrowse Wallpapers画面(タスクバーに表示されているWallpaper Engineアイコン→壁紙変更)で簡単に管理ができます。

Steamワークショップで9000を超える動画壁紙が公開!


手持ちの動画がなくてもSteamワークショップには9000を超える動画壁紙が公開されています。ドラマ・アニメ・風景・・・きっとあなたの好みの、ピッタリな動画壁紙を見つけることができるでしょう!気に入った動画壁紙を見つけたら緑色の「+サブスクライブ」ボタンを押すだけ!簡単にダウンロード・導入することができます。これは嬉しいですね!

GPD WINでも十分に実用可能!


GPD WINで使用する場合、様々な負担(バッテリー消費など)が気になるところですが、Wallpaper Engineは負担を軽減させるための細かな設定が用意されています。本体が温かくなってしまう負担が高い動画壁紙もありますが、負担が少ないシンプルな作品もSteamワークショップで多く公開されています。自分好みの作品を見つけて、いつもと違った気分でGPD WINライフを楽しむにはもってこいのソフトウェアだと思います!


GPD公式販売サイト
GPD Official Flagship Store (Aliexpress.com)
GPD HONGKONG LTD (Aliexpress.com)

GPD WIN 関連情報の「もくじ」はこちらになります。(リンク先

セガ3D復刻アーカイブス1・2・3 トリプルパック - 3DS
セガゲームス (2016-12-22)
売り上げランキング: 99

6 件のコメント:

  1. さっそく買って導入してReimuに感動してシュタゲ0にも感動して外しました。やっぱりバッテリーが心配になりますね。外でゲームするとなると。

    テストプレイヤー酷い。送るって言ってたのにΣ(´Д⊂ヽ

    返信削除
    返信
    1. 遅さん、コメントありがとうございます。
      Wallpaper Engineでは、バッテリー消費などの負担が少ないDeep Space 2,3をGPD WINで使用しています。
      たしかに外出先で使う機会が多いという方にとってはバッテリー消費の心配となってしまうかもしれませんが、こういったソフトウェアも十分に動作できるのが面白いですよね。

      削除
  2. 素晴らしいソフトを紹介して頂きありがとうございます。
    お陰でデスクトップがお洒落になりました。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      自分好みの動画壁紙を見つけるのも、使っていくのも楽しいですよね!
      細かく設定を行えば負担も抑えられるのも良いところだと思っています。

      削除
  3. 類似機能がWindows Vista Ultimateに付属していましたね。
    当時は酷い評判でしたが、時代は変わったか…

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      そういえばVista・・・たしかに評判悪かったですね。やっぱり求められる時代があるんですよね。
      ゲーム機でもそうですが、あまり時代を先取りしすぎても売れなかったり、評価されなかったりするものです。

      削除