2017/05/24

Fidget Cubeを海外通販サイトから格安で購入してみた!開封したその中身とは・・・。

Fidget Cube(フィジィットキューブ)
クラウドファンディングサイト Kickstarterで、手持ち無沙汰やイライラを解消するデスクトイとして出資募集が開始された商品 Fidget Cube(フィジィットキューブ)。出資者数154,926人、$6,465,690を集め大成功したプロジェクトですが、海外通販サイトで格安で販売されています。早速ですが購入レビューをしていきたいと思います。


スポンサーリンク

更新 : 通常サイズのFidget Cube(フィジィットキューブ)が届いたので追記しました。

「Fidget Cube」を海外通販サイトで格安購入


クラウドファンディング商品のコピー製品が海外通販サイト、一部の国内通販サイトで販売されていることを過去記事でお伝えしましたが、どのような商品(パッケージ、品質)なのかが気になり、海外通販サイトで購入をしてみたのでレビューをしていきます。クラウドファンディング商品についての詳しい内容については、過去記事をご覧ください。


注文から商品到着まで


海外通販サイト AliExpress.comでFidget Cube(フィジィットキューブ)を注文してから、商品到着までの流れは下記のとおりです。

2017年4月13日 : 商品を注文( 海外通販サイト AliExpress.com
2017年4月14日 : 商品を発送
2017年5月6日 : 商品が到着
注文日から商品到着までに約25日間かかりました。約$3程度の価格で送料無料なので許容範囲といえるでしょう。

スポンサーリンク

Fidget Cube(フィジィットキューブ)を見ていく


海外通販サイトで購入したFidget Cube(フィジィットキューブ)を見ていきます。パッケージには「FIDGET CUBE」とプリントされていますが・・・どうみても正規品のパッケージではありません。デザインは似せているようですが、明らかにコピー製品です。
外箱を開封すると、Fidget Cube(フィジィットキューブ)が姿を現します。
手持ち無沙汰やイライラを解消するデスクトイとしてのアクション部分は正常に動きますが、おそらく正規品と比べると動きは悪いと考えられます。ただ、意外と楽しめます。
海外通販サイトから購入したFidget Cube(フィジィットキューブ)は、実は正規品とは違い一回り小さいサイズを購入しました。ストラップホールが本体にあいていて、ストラップが付属します。
正規品が収まる専用ケース(こちらも海外通販サイトで購入)を比べても、大きさの違いがわかります。Fidget Cube(フィジィットキューブ)の正規販売元であるantsy labsでは、ミニサイズの取り扱いはありません。
専用ケースに収めてみても、通常サイズとの大きさの違いがわかります。この専用ケース自体もオリジナル商品なのでサイズが合っているのかは不明です。

Fidget Cube(フィジィットキューブ) 通常サイズ


海外通販サイトで注文していた正規品と同じ大きさの通常サイズ(コピー製品)が届いたので、こちらについても見ていきたいと思います。やはり、パッケージについては正規品のパッケージではありません。
こちらもコピー製品ですが、ミニサイズのFidget Cube(フィジィットキューブ)と比べると、しっかりと固定されていることがわかります。
手持ち無沙汰やイライラを解消するデスクトイの機能(Breathe、Click、Roll、Glide、Spin、Flip)を解説している用紙が付属しています。
ミニサイズと比べると大きさに違いがあることがわかります。個人的にはミニサイズのほうが手元で転がすことができて面白いです。ミニサイズでは十分に楽しむことができなかった機能(Roll)が、通常サイズではキチンと動作していることがわかりました。
ミニサイズにあったストラップホールは、通常サイズ(コピー製品)のFidget Cube(フィジィットキューブ)にはありません。
海外通販サイトで購入した専用ケースにもピッタリと収納できます。ただし、この専用ケースの出番はない(はっきりいうと、必要ありません)ので、購入する必要はないでしょう。

まとめ


海外通販サイトで格安で販売されているFidget Cube(フィジィットキューブ)は、完全な偽物(コピー商品)であることがわかりました。また、正規販売元であるantsy labsが販売を行っていないオリジナル商品(通常サイズ・ミニサイズのFidget Cubeや、専用ケースなど)が販売されていることがわかりました。

海外通販サイトで購入した方のコメント・レビューなどをみると、圧倒的な安価で販売されていること、正規品の一般販売が遅れていること、アクション部分が正常に動かなかったり、壊れていたとしても興味があるので購入してみたという方が多い印象を受けました。
海外通販サイトで購入したFidget Cube(フィジィットキューブ)を実際に手にして思ったことは、単純だけど癖になるアクションが楽しめるデスクトイだと思いました。Fidget Cube(フィジィットキューブ)は正規販売元であるantsy labsでプレオーダー受け付けを開始していますが、クラウドファンディングの出資者の全員へ出荷が完了していない商品なので、一般販売にはもうしばらく時間が必要となりそうです。


スポンサーリンク

3 件のコメント:

  1. 胡桃の実をさ、できるだけスフィアに近いやつを2個探してさ、角をアスファルトで削ってさ、コリコリやれば良いと思うんだよ。
    その程度の商品だから類似品買う人いるし、類似品でも結構楽しめたってなるんだよね。
    前のコメントでAndroidスマホのイヤホンジャックに挿してボタンになるやつについて触れてた人いたじゃん?
    あれはソフトウェアとセットだから、Androidのバージョンが上がったら類似品の方のアプリは不具合でたし、そもそも割り当てられる機能も少なかった。正規品のアプリは正規品のイヤホンジャックについてるシリアルキー入れないと使えないから、類似品購入して正規品のソフトウェア使うこともできないし。
    今は正規品もAndroidで使えないかもしれないけど、少なくともサポートの長さや機能面で類似品と明らかに差があったからね。
    キックスターターも一般化して、たいして画期的でもないものがパッと見面白そうとかで成功しちゃうようになったのかもね。

    返信削除
    返信
    1. 書き忘れましたが、商品については批判的ですがこの記事の内容はとても面白いです。

      削除
    2. コメントありがとうございます。
      極論をいえば、クルミの実をコリコリやる程度の商品だと思いますが、おそらく、デスクトイとしてスマートに扱える商品だからこそ成功(興味を持たれた)したのかもしれません。人によっては一度手にして飽きてしまったら、それまでの商品だといえるでしょう。
      単純な構造のクラウドファンディング商品は、成功したとしても製品化される前にコピー製品が出回り、事実上は失敗してしまうかもしれませんね。

      削除