2017/12/12

超小型ゲーミングPC「GPD WIN 2」リーク情報は本当なのか!?クラウドファンディングの開始時期・関係者への取材でわかったこと!【コラム】

GPD社(SHENZHEN GPD TECHNOLOGY CO., LTD.)から新製品として「GPD WIN 2」が発表される可能性が高まっています。「GPD WIN 2」のリーク情報(スペック・画像)が出回っているようですが、一部のリーク情報については、どうやらGPD社のWade Wang氏が提供したものと考えられています。正式な詳細情報は公開されていませんが、予想されるクラウドファンディング開始時期・リーク情報・関係者への取材でわかったことを見ていきます。



この記事内容はGPD社から正式に発表された情報ではありません。認識の違いや、仕様変更などによって大きく変わることがあるので、今後の考察・参考として読んでいただければと思います。随時更新しています!
遂に「GPD WIN 2」の正式発表がありました!

超小型ゲーミングPC「GPD WIN 2」とは


GPD社(SHENZHEN GPD TECHNOLOGY CO., LTD.)からは、最近では日常で気軽に使用できるUMPC(ウルトラモバイルPC)として「GPD Pocket」を発表しましたが、「GPD WIN 2」は、ゲームに関わる製品として発表された「GPD WIN」の次世代機です。
最近になってリーク情報(スペック・画像)が出回るようになりました。そこで予想されるクラウドファンディング開始時期・GPD社関係者への取材でわかったことを見ていきます。

最終更新日:2017年12月16日(記事発信日:2017年10月21日)

スポンサーリンク

リーク情報を見ていく


最近になって出回っている「GPD WIN 2」リーク情報(スペック・画像)を見ていると、ユーザーが理想として描いている内容が含まれていたり、正式なリリース時期によってはスペックが大幅に変更されることもあるので、信ぴょう性がある情報とはいえません。なので、リークされているスペック情報については本記事ではほとんど触れません。
GPD WIN 2」のモックモデルと思われる画像1枚が公開されました。この画像はGPDファン(Youtuber)宛にGPD社のWade Wang氏が提供したものと考えられています。現在発売中である「GPD WIN」と比べるとキーボードのキー配置が変更になり、サイズが大きくなっています。ゲームプレイを意識しているのか一部のボタン・キー形状、カラーが変更されていることもわかります。
入力切替も「マウスモード」と「XInputモード」のみとなり、「DirectInputモード」が廃止されています。液晶を閉じた時にキーボードと接触しないように、左右に突起が付けられているのも確認できます。
ヒンジ部分を見る限りでは、現在発売中である「GPD WIN」というよりも「GPD XD」に近いデザインに仕上げられています。「GPD WIN」と比べると左右のアナログジョイスティック位置と、十字キー・ABXYキーの位置が入れ替わっていることも特徴です。位置を入れ替えた理由は、中央に配置した冷却システムの為だといわれています。
GPD WIN」ではコントロールエリアがマットなプラスチック素材でしたが、「GPD WIN 2」では、光沢があるプラスチック素材が採用されていることから、指紋が目立つのではないかという指摘がされています。現段階では「GPD WIN 2」の外装が金属製になるのか、プラスチック製になるのかは不明です。
その他の情報としては、現在発売中である「GPD WIN」よりも、大容量のバッテリーを搭載すること、新たにSSDを追加することができるM.2スロットを搭載する予定があるといわれています。


キーボードのレイアウト(キー配置)について


試作機段階のキーボードのレイアウト(キー配置)は下画像のようになっています。QWERTYキーボードが搭載されています。
GPD WIN 2」の試作機(実機)ではキーボードの右上・左上キーラベルの印字がありませんが、どうやら「INSERT/PrtScn」、「Xbox」キーを配置予定のようです。
キーボードにはバックライトは搭載しない予定とのことです。R3キーはなく、L3キーだけが配置されています。キーボードのレイアウト(キー配置)は大幅に変更される可能性があります。
キーボードサイズ・キーピッチは現在不明ですが、「GPD WIN」の縦方向へ丸みがあるキーデザインから、横方向へ丸みがあるキーデザインに変更されています。さらに一部のキー(電源ボタン、WASDキーなど)形状は特殊なキーデザインに変更されています。


I/Oポートのレイアウト(配置)について


I/Oポートのレイアウト(配置)については、試作品段階では下画像のようになっています。Micro HDMIとイヤホンジャックの下にM.2スロットを配置する予定があると噂されています。「GPD WIN 2」でもLTEは搭載されない予定です。
現在発売中である「GPD WIN」は、コントロールエリアのキーボードにR/L3ボタンが配置されていましたが、「GPD WIN 2」では本体後方へ配置されることになりました。
冷却システムが中央に配置され、排気口も後方中央へ配置されることになりました。
L2ボタンには、マウスポインタの移動スピードを速くする機能も割り振られています。
このレイアウトイメージを見るかぎり、現在発売中である「GPD WIN」よりも厚みがある本体に「GPD WIN 2」は仕上がることが予想されます。


外装について


GPD WIN 2」外装のリーク画像が公開されました。先に公開されたI/Oポートのレイアウト(配置)どおりの設計で試作機(プロタイプ)の開発は進められているようです。(「Micro HDMI」と「TYPE C」の位置が変わっているように見えます)
公開された外装がメタルシェル(金属製)に見えるという意見もあるようですが、過去にGPD社は開発中の試作機(プロトタイプ)のメタルシェル(金属製)を塗装して公開したケースはないので、現段階ではメタルシェル(金属製)の可能性は低いものと考えられます。
スペック・価格的にも「GPD WIN 2」は、現在発売中である「GPD WIN」のプロバージョンという位置づけと見てよさそうです。

スポンサーリンク

GPD社関係者からの回答


GPD WIN 2」のリーク情報の正しさを確認するために、GPD社広報担当者・開発担当者に問い合わせを行いました。結果としては「GPD WIN 2」の話題については意図的に隠されている・回答しないという印象を受けました。また、GPD社製品の販売・修理業務を行っている国内正規販売店:DentOnlineShop(デントオンラインショップ)からは「計画がある」という回答しかGPD社から得られていないとのことです。
国内正規販売店:DentOnlineShop(デントオンラインショップ)では「GPD WIN 2」が一般発売となった場合に「GPD WIN」、「GPD Pocket」に引き続き取り扱いを予定しているとのことです。その他の専用アクセサリーの販売にも期待したいところです。


GPD社サポート窓口担当者について


過去のクラウドファンディング(GPD WIN、GPD Pocket)で、サポート窓口の全般を担当していたKendyがGPD社を退社していることがわかりました。メールボックスはまだ機能しているようなので、サポート窓口のメールアドレス(kendyz@gpd.hk)を気にする必要はありません。
今後、Kendyからの「Thanks for support.」コメントが見られなくなるのは少し寂しいですね。「GPD WIN 2」のクラウドファンディングからは新たなサポート窓口の全般をCrystalが担当することになるようです。


「GPD WIN 2」プロトタイプについて


GPD WIN 2」プロトタイプモデルついて新たなリーク情報が公開されました。公開されたプロトタイプモデルの画像は2017年11月11日に撮影されたものです。GPD社のWade Wang氏からは、720Pの高画質、画面サイズは6インチ、メモリは8GB(LPDDR3 RAM 1866MHz(デュアルチャンネル構成)となることが回答されています。
1カ月前に撮影されたプロトタイプということなので、現在はさらに改良されたプロトタイプモデルが制作されているものと考えられます。


新機能・改良点について


GPD WIN 2」は、バッテリー容量は9,800mAh(4,900mAh(3.8v)のバッテリーを2つ搭載)し、6時間以上のゲームプレイが可能です。新機能として振動機能(バイブレーション)を搭載しています。
シャープ製の6インチ液晶画面 ゴリラガラス4、Intel® Core™ m3-7Y30 プロセッサー、M.2 2242スロット(128GBのM.2 SSDカードを搭載)、メモリは8GB(DDR3 RAM 1866MHz(デュアルチャンネル構成)を搭載し、急速充電(PD2.0)に対応しています。
本体外装のほとんどがマグネシウム合金ですが、一部はABS素材です。ユーザーがカスタマイズしやすいように加工されています。
TDP(熱設計電力)の最大値は15Wです。マザーボード・バッテリーなどの熱伝導・対策を考えて設計しています。「GPD WIN」と比べると一回り大きなサイズです。
GPD WIN」に搭載されていたCPU(Z8750)と比べると、「GPD WIN 2」に搭載されるCPU(M3-7y30)は約2倍の性能で、プロトタイプモデルでのゲームテストにおいてはフレームレートが約2倍になりました。
M.2カードは簡単に交換できます。本体両端には滑り止め防止のグリップが付けられています。
microSDカードスロットの読み書きは「GPD WIN」と比べると、2倍以上高速になります。
内蔵ファンは「GPD WIN」と比べると、8倍の速度で空気を排出します。公開された画像のプロトタイプは2017年12月11日現在のものです。
GPD WIN 2」のクラウドファンディング(INDIEGOGO)は、早ければ1月上旬に開始されます。


「GPD WIN 2」のクラウドファンディング開始時期は


過去にGPD社が正式に情報公開(プレス向け)を行った時期、クラウドファンディングを開始した時期をまとめてみました。過去のリリース時期と同じタイミングで情報公開をするのであれば2018年1月、クラウドファンディング開始時期は2018年2月が予想されます。
ただ、GPD社の広報担当者からは、2017年12月末までには情報公開をしたいという回答が得られているので、情報公開が前倒しになる可能性も考えられます。

GPD製品のリリース時期について
製品名 GPD WIN GPD Pocket GPD WIN 2
情報公開日 2016年1月28日 2017年1月4日 2017年12月14日
クラウドファンディング開始時期 2016年2月25日 2017年2月15日 2018年1月15日
※「GPD WIN」、「GPD Pocket」のリリース時期に多少の誤差がある可能性があります。
現在は、海外クラウドファンディング(INDIEGOGO)への申請・プロモーション目的で試作機の製作が進められているものと考えられます。リーク情報どおりのスペックであれば「GPD WIN 2」の販売価格は、現在発売中の「GPD WIN」を上回るでしょう。多くのユーザーからは500ドル~600ドルでの販売が望まれていますが、それ以上の販売価格になりそうです。


GPD社からの正式発表


遂にGPD社から「GPD WIN 2」の正式発表がありました。海外フォーラムの情報に加え、クラウドファンディング情報、メーカー側(SHENZHEN GPD TECHNOLOGY CO., LTD.)担当者からの情報提供などをもとに内容をまとめてみました!




※本記事の画像・文章の無断使用・転載・複製・盗用の一切を禁止します。


スポンサーリンク

4 件のコメント:

  1. アナログレバーのレイアウトは前のほうがよかったのになんで変えたんだろ

    返信削除
    返信
    1. GPD社担当者からの回答としては、冷却システムが中央に配置された関係で、コントロールエリアのレイアウトが変更になったようです。

      削除
  2. GPD XD+の試作機の動画が公開されてましたね
    こちらの方が早く発売されるのでしょうか?

    返信削除
  3. GPD XD+の方が早く発売されると予想されています。
    GPD担当者からは「GPD WIN 2」、「GPD XD+」の情報についての回答がないので、確かな情報ではありませんが、2018年2月~3月に公開(発売?)されるともいわれているようです。

    返信削除