2017/10/09

「スペースマリーンヒーローズ発売展示会 -WORLD OF WARHAMMER EXHIBITION-」を見てきました!【コラム】

2017年10月7日(土)~2017年10月9日(月)に開催された「スペースマリーンヒーローズ発売展示会 -WORLD OF WARHAMMER EXHIBITION-」を見てきました。イギリスのゲーム製作会社:GAMES WORKSHOP(ゲームズワークショップ)が製作・販売しているミニチュアゲームシリーズ「WARHAMMER(ウォーハンマー)」の展示会です。展示会ではペイントされたミニチュアや、完成度が高い造形を身近に見ることができます。



「WARHAMMER(ウォーハンマー)」とは


イギリスのゲーム製作会社:GAMES WORKSHOP(ゲームズワークスショップ)が製作・販売しているミニチュアゲームシリーズ「WARHAMMER(ウォーハンマー)」は、駒にあたるミニチュアを購入者自身がペイント・組み立てをする楽しみがあります。また、日本のプラスチックモデルとは一味違う緻密なミニチュアの造形の再現度も有名です。世界でも人気を誇るミニチュアゲームとして広く知られています。
日本限定の新製品「スペースマリーンヒーローズ」がマックスファクトリーをとおして発売された記念として展示会が開催されていました。素組み状態でも完成度が高い造形ですが、ペイントすることにより、さらに臨場感・味わいが増します。早速ですが展示会の様子を見ていきます。

スポンサーリンク

展示会の様子を見ていく


スペースマリーンヒーローズ発売展示会 -WORLD OF WARHAMMER EXHIBITION-」では、ペイントされたミニチュアの展示はもちろん、会場の入り口近くではゲームズワークスショップ、マックスファクトリーの社長両名がライブペイントをしていたり、ペイント体験会、ウォーハンマーミニチュアの販売を開催していました。
展示されていたミニチュアは、どれも完成度が高く、細かな部分まできれいにペイントされています。撮影もフリーで間近に見ることができました。
ペイントされたミニチュアと、素組み状態のミニチュアが隣り合わせで展示されていて、その違いを目の前で確認できます。プラスチックモデルをここまできれいにペイントできると気持ちが良いでしょう。
ウォーハンマーでは、このペイントされたミニチュアを使って、実際にミニチュアゲームを楽しみます。
組立て・ペイントをする、ゲーム(対戦)をする、撮影をするといった楽しみができることが、ウォーハンマーの醍醐味(だいごみ)なのかもしれないですね。
ペイントは技術が必要で難しそうに思えてしまいますが、スタッフの方の話ではペイント経験がない初心者の方でも、筆を使ってきれいにペイントできるとのことです。
販売店やイベントでその指導(ペイント方法、塗料の選定・案内)も行っているとのことなので、初心者の方でもすぐに始めることができます。
ペイントに使う塗料は「シタデルカラー」と呼ばれる水性アクリル塗料で、溶剤を使う必要がない扱いやすいものです。もちろん、ほかの塗料でペイントできます。
技術しだいで細部にまでペイントができるようになるでしょう。いまにも動き出しそうな、そんな迫力を楽しむことができるでしょう。
こちらはウォーハンマーでも人気の造形のミニチュア「ゾンビドラゴン(TERRORGHEIST)」です。
展示作品を見ていると、これほど緻密な造形でプラスチックモデルというのが信じられないほどです。
ミニチュアゲームの戦闘はターン制で行われます。ミニチュアモデル(駒)のほかに、六角ダイス、距離を測るメジャーを使い、ルールブックに従いゲームプレイを楽しみます。STEAMで配信されているゲームタイトル:Total War: WARHAMMER IIで、対戦を楽しんでも良いでしょう。
スペースマリーンヒーローズ」は、日本限定の新製品です。既に販売はされているので、販売店やイベントなどで購入できます。
スペースマリーンヒーローズ」は、24個入りボックス購入で全10種+シークレット2種をコンプリートできるようですが、単体(750円(税込み))での購入もできます。
シタデルペイントから提供されているアプリを使えば、事前にミニチュアガイドやカラーを確認できます。ミニチュアの土台となるベースデコレートにも活用できるでしょう。
いくつかのウォーハンマーミニチュア・シタデルカラーの販売もされていました。とりあえず「スペースマリーンヒーローズ」の単体を2つ購入しました。


「スペースマリーンヒーローズ」(単体)を開封


スペースマリーンヒーローズ発売展示会 -WORLD OF WARHAMMER EXHIBITION-」で購入した日本限定の新製品「スペースマリーンヒーローズ」を開封していきます。
ミニチュア1体、コレクションカード1枚、組立説明、招待状が同封されています。開封したところ2つとも「ブラザー・カストール」が出ました。24個入りのボックスの単体購入でまさか同じものが出るとは・・・。
WARHAMMERシリーズのミニチュアは数百円~数万円するものまで幅広く販売されています。興味のある方は、まずは低価格で、気にいった造形のミニチュアを購入すると良いでしょう。プラスチックモデルの初めてのペイントにチャレンジするのも良いと思います。

※本記事の画像・文章の無断使用・転載・複製・盗用の一切を禁止します。


スポンサーリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿