2018/02/05

まさに究極のゲームボーイアドバンス!「METAL JESUS ROCKS ULTIMATE GAMEBOY ADVANCE V2」が登場!?

すべてのカスタマイズを搭載した究極のゲームボーイアドバンス「METAL JESUS ROCKS ULTIMATE GAMEBOY ADVANCE V2」が発売されました!2017年初旬に発売された究極モデルのマイナーバージョンアップ(V2)です。新しく内蔵バッテリー、ゲームスピード調整、10段階の輝度調整など、その他にも多くの機能が搭載された最上位モデルです。



METAL JESUS ROCKS ULTIMATE GAMEBOY ADVANCE V2


ゲームボーイ関連の改造パーツ・モデルを販売している「Retro Modding」から、すべてのカスタマイズを搭載した究極のゲームボーイアドバンス「METAL JESUS ROCKS ULTIMATE GAMEBOY ADVANCE V2」が発売されました!このカスタマイズ最上位モデルには、現状考えられるかぎりのカスタマイズを搭載しています。
高品質なガラス製スクリーン、バックライト(AGS-101)、バックライト(AGS-101)の機能を100%引き出す(ボルテージレギュレータ)、10段階の輝度コントローラー、強力なオーディオアンプ、ゲームスピード調整(可変クロック)、内蔵バッテリーなどが搭載された最上位のモデルです。


スポンサーリンク

一般的なカスタマイズはすべて搭載


METAL JESUS ROCKS ULTIMATE GAMEBOY ADVANCE V2」には、一般的なカスタマイズはすべて搭載されています。ゲームボーイアドバンスの改造と聞いて思いつくのは、ガラススクリーン、バックライト(AGS-101)、外装シェルの交換、電池裏蓋での輝度コントローラーなどだと考えられます。
そのようなカスタマイズはすべて搭載しています。ここまでの改造であれば海外通販サイト:AliExpressなどで販売されています。


内蔵バッテリーを搭載


METAL JESUS ROCKS ULTIMATE GAMEBOY ADVANCE V2」には、内蔵バッテリーキット「Gameboy Advance Rechargeable Battery Pack」が搭載されています。バッテリー容量は1,000mAhで、およそ2時間の充電で約6~7時間のゲームプレイ(究極モデルの場合)を実現しています。
バッテリー容量の状態はバッテリー容量が少なくなると赤色、充電中は青色、満充電になると緑色でLEDが点灯します。内蔵バッテリーの充電は、microUSBケーブルで行います。外出中に充電がなくなった場合でもモバイルバッテリーがあれば、給電したままゲームプレイを楽しめます。


オーディオ・アンプを搭載


ゲームボーイアドバンス標準で搭載されているものよりも強力なオーディオ・アンプを搭載しています。このオーディオ・アンプにマッチした高品質のスピーカーも搭載されます。あのゲーム音楽を大音量で聴きながらゲームプレイをしたい!という人に最適です。


ボルテージ・レギュレータを搭載


ゲームボーイアドバンスに、バックライト(AGS-101)を搭載しても85%しか機能は発揮されません。ボルテージ・レギュレータを搭載することでバックライト(AGS-101)の機能を100%引き出すことができます。
また、バックライト(AGS-101)の輝度(明るさ)は、特定ボタンの組み合わせにより10段階に変更できます。


ゲームスピードを調整


METAL JESUS ROCKS ULTIMATE GAMEBOY ADVANCE V2」は、ゲームスピードを変更(可変クロック)できます。特定ボタンを押すことで、ゲームスピードを0.5倍、倍速、2倍、4倍に切り替えることができます。ゲームプレイ中の移動・戦闘を早く進めることで、あなたのゲームプレイをサポートします。


まさに究極モデル


METAL JESUS ROCKS ULTIMATE GAMEBOY ADVANCE V2」には、ゲームボーイアドバンスで思いつくかぎり以上のカスタマイズが導入されています。もちろん、DIYパーツキットも販売されているので、お好みの機能を自分で導入してみても面白いと思います。
究極モデル「METAL JESUS ROCKS ULTIMATE GAMEBOY ADVANCE V2」は、多くのレトロゲーマーからも注目されている商品なので、注文から最大で8週間ていどの時間がかかる場合があります。興味がある人は注文をする前に、おおよその時間を問い合わせても良いでしょう。

※本記事に使用されている画像は、Retro Moddingより使用(加工・編集などを含む)許可をいただいています。無断使用・転載は、いかなる理由であっても禁止させていただきます。


スポンサーリンク

4 件のコメント:

  1. ぎゃー 高すぎて買えませーん(´;ω;`)
    さすがのジーザス!!

    返信削除
    返信
    1. そうなんですよ…。
      DIY製品なので、それなりの価格なのは納得しているのですが手が出せません!ジーザス!
      DIYキットを購入してチマチマやるしかないですね(´・ω・`)

      削除
  2. まあこの手の物は改造自体が楽しいってのもありますしね
    この金額出すのなら自分なりに欲しい機能のみ選択して部品買って改造が楽しいかと
    初代はスペース的にもかなり余裕があるので改造も簡単ですしね
    バックライトの性能が全部引き出せてないってのはちょっと知りませんでしたが
    移植元のバックライトSPと同等の明るさにはならないって事で良いんでしょうか?

    返信削除
  3. 100%の性能を引き出せていない部分については、移植元のバックライトSPと比較した場合とみて良いと思います。さすがに、バックライト(AGS-101)部品の性能を指しているとは思えないので…。
    私も性能が引き出せていないことを知りませんでした(´・ω・`)

    返信削除